電脳ライフ

仮想通貨、ゲーム、ガジェットの情報をお届け

元風俗嬢の息子が語る、風俗嬢になるデメリット

f:id:u-ta-kasou:20180321214053j:plain

どうも、うーたです。

この記事は、風俗嬢になることによって、風俗嬢になった方や周りが被るデメリットについて書いていきます。

 

大学に行くお金を稼ぐために風俗嬢になる学生

記事を書くきっかけになったのはこのツイート。

 

記事の内容は、女子大学生21歳が奨学金を父に使い込まれ、やむを得なく風俗でお金を稼いでいる。そして、未来に悲観し死ぬことも考える。とのこと。

 

また、この記事の一か月ほど前には、慶應大学を現役合格を目指していたが、不合格となり、浪人する資金を稼ぐために風俗嬢になろうかなとつぶやいていた女子高校生もTwitterで話題になっていました。

息子二人を育てるために風俗嬢になった母

これは僕の母の話です。

時期は小学校低学年頃だったと思います。

両親は僕が6歳のころに離婚してますから、女手一人で僕と兄を育てるために、風俗に走ったのでしょう。

ちなみに、僕は大人になってから知ったため、子供のころ母が風俗で働いていることを知ってショックを受けたという事は全くありません。

そして、僕は結果的に「まっすぐ育った」と周りに言ってもらえることもあり、憎んでいるという事はありません。

ですが、母が風俗で働いた事による『デメリット』は確実にあったと確信しています。

 

風俗で働くことによるデメリット

悪い人間関係を形成する可能性が高い

人間の行動や性格に多大な影響を与えるのは『環境』であり、その『環境』の中でも『人間関係』はとても大きなものです。

そして、この風俗で働くという事は、風俗店があるのが治安の悪い繁華街であることが多く、悪い人間関係を形成する可能性が高いです。

母は、僕が中学の頃にとある罪を犯しました。

罪を犯したことに、風俗時代から繋がってきた『人間関係』と働いていた『場所』は、確実に関連性があります。

母親はどちらかといえば素直な部類で、すぐ人に影響されるタイプでした。つまり、周りの人間の影響で罪を犯したのが理由の一つであると考えるのが自然です。

貞操観念、金銭感覚がずれていく

自分の体を売ることによって、一般的な水準から『貞操観念』がずれていきます。

子供が聞こえる場所で性行為をする、出会い系で再婚相手と出会う、子供がいるのにもかかわらず彼氏をとっかえひっかえする。

このあたりは、自分も大変苦しんだのを覚えています。

また、『金銭感覚』も狂っていきます。

コンビニのバイトなどでは時給1,000円弱しか稼げないところ、風俗では時給10,000円30,000円くらい稼げます。母がいくら稼いでいたかは知らないですが、普通に息子二人を女手一人で育てられるくらいですから、そこそこは稼いでいたのでしょう。

ただし、それでも母はパチンコに行っていましたし、電気代や水道代を滞納して止まったりしていました。

収入が多くても少なくてもその状態なので、根本的にお金の使い方がおかしいのでしょうね。

自己嫌悪に苦しむ

これは母もそうですし、実際にこの記事の女性も感じたデメリットみたいですが、風俗で働いた方は、後悔をして『自己嫌悪』に苦しむ可能性が高いです。

母は鬱になってから、死にたいと語ることがありました。

記事の女性も「どうやって死ぬのかを考える」と語っていました。

自分の体を切り売りすることによって、自分の魅力も失われたように感じ、『自己嫌悪』に陥るんだと思います。

 

まとめ

お金を稼ぐために風俗の道に走る女性を見ることが、悲しいと感じます。

女子大学生は中退か高卒就職して独立できなかったのかなと思いますし、

女子高校生は浪人くらいだったら、バイトしながら親に協力を仰ぐだけでもなんとかできるんじゃないかなと思いますし。

そもそも風俗で稼いでまで、大学に通う価値があるかというと疑問です。

 

この記事を通じて、やむなく風俗嬢という道を選ぼうとしてる人が、デメリットを踏まえて考える機会になればと思います。

 

それではまた。