電脳ライフ

仮想通貨、ゲーム、ガジェットの情報をお届け

【マリオテニス エース】体験版を遊んでみた感想!→リスク&リターンを楽しむテニスだ!


f:id:u-ta-kasou:20180602013119j:image
どうも、うーたです。

2018.6.22発売予定の、『マリオテニス エース』のオンライントーナメント体験版で遊びました。

今回のマリオテニスは、今までと大きくゲーム内容を変えてきていて新要素『エナジー』が追加されています。

面白かったので、前作との違いの解説と感想を書いていこうと思います。

 

 

マリオテニス エースの前作との違い

f:id:u-ta-kasou:20180603005132p:plain

『エナジー』というゲージが新たに追加され、ラリーでエナジーを貯め、その貯めたエナジーを消費して色んな技を出すことができます。

※新要素『エナジー』のない、従来通りの基本ショットのみで遊ぶモードもあります。

 

エナジーが関係するアクションは大まかに分けて3つあります。

 

①テクニカルショット

遠くの玉をとるために使うショット。

 

テクニカルショットは、

タイミングがぴったりとあって、上手に使うとエナジーが貯まり、

タイミングがずれてしまうと、エナジーを消費してしまいます。

 

なので、完全に技術がものをいうハイリスク、ハイリターンなショットです。

タイミングの他、ボールとの距離も関係してきますので、使いどころも案外むずかしいです。

 

②攻めのショット

ねらいうち

スマッシュポイント内でエナジーを消費して打つ、早いショット。

名前の通り、ものすごく角度のついた場所に狙いを定めて打つこともできます。

かなり強力なショットで、打たれた側は防御に回らざるを得なくなります。

 

スペシャルショット

エナジーを大きく消費して打つ、狙いうちよりもさらに凄く早いショット

また、相手が打ち返すことに失敗するとラケットを破壊することができます。

ラケットは2本破壊されると、その時点でK.O.負けとなるので、狙う価値はあるでしょう。

狙い撃ちと異なり、自分とボールの距離が遠くても打てるのが特徴です。

つまり、万能の守りにも使うことができます。

 

③守りのショット

加速

加速を使用すると自分以外スローになるので、距離の遠いボールや、狙い撃ちやスペシャルショットに対抗しやすくなります。

 でも、あまりにボールと離れていると加速を駆使しても届かない場合があります。

 

ブロック

加速を駆使してタイミングよく打つことで、狙いうちやスペシャルショットのラケット破壊から守ります。 

慣れるまではかなりタイミングが難しく、加速の時間の進み具合の感覚をつかむのが重要です。

 

マリオテニス エースを遊んでみた感想

リスク&リターンが面白い

まず感じたのは、今までのマリオテニスに比べてリスク&リターンを意識してゲームが作られてるように感じます。

 

その筆頭がテクニカルショット

このゲームはエナジーをどれだけ早く貯められるかが肝です。

その際に大きくライバルにリードするために使うのがテクニカルショットです。

イメージはマリカのドリフトに近いでしょうか。

リスクを取ることによって、エナジーというリターンを得ることができ、勝敗を大きく左右する。

この緊張感かけひきが、今回のマリオテニスの面白いところであり特徴と言えます。

 

 スペシャルショットが1種類なのが残念。

スペシャルショットの演出はかっこいいのですが、球種自体はすべて直線の速球で、GCのマリオテニスみたいにキャラごとのバリエーションがないのが残念に感じます。

ゲームバランスを考えての結果だとは思うのですが、少し残念な結果です。

 

まとめ

・新要素『エナジー』のリスク&リターンの絡むかけひきが楽しい。

・従来通りの基本ショットのみで遊ぶことも可能

・スペシャルショットがキャラによっての違いがないのが残念。

 

率直な感想として、今回のマリオテニスは体験版で遊んでみて結構楽しめたので、僕は買ってみようと思います。

また、体験版にはなかったですが、製品版にはWii Sportsのテニスみたいに遊べる『スイングモード』もあるみたいですので、ワイワイとやりたい方にもぴったりかもしれません。

f:id:u-ta-kasou:20180604221924p:plain

 

ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

そして、買ったら僕と遊びましょう!

それではまた。