電脳ライフ

仮想通貨、ゲーム、ガジェットの情報をお届け

【switch】Proコントローラーの代わり、予備にはコレ!4,000円でジャイロ搭載「PXN-9607」レビュー!

どうも、うーたです。

皆さん、switchのコントローラー事情に困ったことはありませんか?

 

「switchのProコントローラーは高い・・・」

「Proコントローラー買ったけど壊れた・・・」

「Proコン修理中の予備が欲しい・・・」

 

実際に僕も愛用していたProコン二回も左スティックが壊れて困りました。

ですので、ジャイロセンサー搭載でほぼProコンみたいなコントローラー「PXN-9607」を買ってみましたのでレビューしていきます。

 

 

 

Proコンとの比較とスペック

商品名 Proコントローラー PXN-9607
定価 7,538円 3,999円
サイズ 縦106mm×横152mm×厚み60mm 縦188mmx横175mm x厚み76mm
質量 約246g 約210g
ジャイロ 対応 対応
Amiibo 対応 非対応
振動機能 HD振動 振動
バッテリー持続時間 約40時間 約6時間

外観、付属品


デザインはシンプルでかっこいいです。

ボタンの配置はProコンとまったく一緒で、スクリーンショットボタンもちゃんとあります。

 

サイズ感や持った感じはProコンにかなり近いですが、PXN-9607のほうがわずかに縦に大きいです。

 

上部にUSBTypeB端子があります。

これで、switchと有線でつないだり、充電したりできます。

(※裏表関係なく刺せる、USBType-C端子ではありません)

 

 背面は普通です。

 

 付属品は、

・USBTypeBケーブル

・説明書(日本語あり)

・保証書

の3点です。

 

良いところ

安い

純正Proコントローラー → 7,538円(税込み)

PXN-9607 → 3,999円(税込み)

ほぼ、半額で買えます。

純正Proコンが結構高いので、半額というのはかなりお財布に優しいですよね。

 

無線&有線対応

サードパーティー製のコントローラーはどちらかしか対応していなかったりするので、無線&有線に対応しているのは嬉しいポイントです。

 

サイズ感やボタンがかなり純正に近い

ずっとPro コンを普段使っていますが、ほぼ違和感なく使えるほどサイズ感やボタンの大きさ、押し心地がかなり純正に近いです。

 

軽い

Proコンと比べると30g以上軽いので、結構軽く感じます。

持っていて楽ですね。

女性の方にもおすすめできますし、携帯用にも良いかなと思います。

 

保証がある

メーカーの保証が3か月間あります。

また、Amazonであれば販売店が購入日から3年間の保証、45日間以内であれば返品、75日間以内であれば交換対応をしてくれるとのことです。

保証があるのは安心できますね。

 

悪いところ

amiibo非対応

f:id:u-ta-kasou:20180620123145p:plain

amiiboに対応していません。

amiiboをよく使用する方は、その度にJoy-conとかに接続しなおすなどの手間が増えるので注意しましょう。

 

振動が強い

商品説明ではHD振動に対応していると書いてありますが、このコントローラーの振動は非常に大雑把で強すぎます(笑)

机に置いて振動させてみると、純正Proコンは静かなのに対してこのコントローラー「ガガガッ!」と大きな音を立てます。

 

ゲーム中は邪魔なレベルなので、僕は設定で振動をOFFにしています。

 

ZR、ZLのボタンが少し重い

他のボタンはおおむねOKなのですが、ZR、ZLのボタンが少し重いです。

プレイには支障はありませんが、慣れるまでは少し戸惑うかもしれません。

 

独自のジャイロセンサー補正が必要

ジャイロセンサーの補正は必須です。

上記のツイートは補正前なのですが、たまに下向いたり、左のほうをゆっくり向いたりと散々でした。

ですが、説明書に書いてあるジャイロセンサーの補正をしたら、違和感なくプレイできるようになりました。(※本体の設定にあるジャイロセンサー補正には対応していません)

なので、補正すれば大丈夫なんですが、このひと手間は必要なので注意していください。

 

まとめ

色々と悪いところを上げましたが、このコントローラーはほぼProコンといってもいい商品で、約半額といった価格を考慮すればおススメできる商品です。

特にProコンを安く試してみたい、Proコンの予備として持っておきたいといった用途がいいと思います。

少し心配なのは耐久性なので、またその辺は追記してければと思います。

それではまた。