電脳ライフ

仮想通貨、ゲーム、ガジェットの情報をお届け

【スプラトゥーン×タワレコ】「Splatoon展at TOWER RECORDS」に行ってきた感想!

どうも、うーたです!

 

本日、7/13より渋谷で開催されている「Splatoon展at TOWER RECORDS」に行ってきました!

 

思った以上にボリュームがあり、会場も大盛況でした。

 

・イベントの概要

・整理券の配布、待ち時間について

・展示内容の感想

について書いていきます。

 

 

「Splatoon展」とは?

渋谷で行われている、スプラトゥーン×タワレコのコラボイベントです!

約3年間にも渡るスプラトゥーンの歴史に触れることができます。

 

【開催期間】2018年7月13日(金)~ 2018年8月5日(日)

【入場料】大人 \500(税込) / 学生(高校生以下)\300(税込)
※小学生以下無料。
※前売券販売なし。

【営業時間】11:00~21:00(最終入場20:30)

【会場】タワーレコード渋谷店8F「SpaceHACHIKAI」
〒150-0041東京都渋谷区神南1-22-14

 

整理券の配布、待ち時間について

整理券

結論から申し上げますと、かなり混雑しています。

 

僕が行ったのが土日という事もありますが、

7時に渋谷タワレコ到着

8時半整理券(時間指定)受け取り

11時入場

でした。

 

なので午前中に入場したければ、7時頃にはタワレコに並んでおいたほうが良さそうですね。

 

他の方の報告でも、大体似たような感じになっています。

 

整理券の終了時刻の目安はこちら

 

待ち時間

11時に到着した後も整理券を持った状態で階段で待たされます。

時間は約20分程。

ここはクーラーがないのでなかなかの地獄です。

 

展示内容と感想

大年表

スプラトゥーン1

スプラトゥーン2

オクト・エキスパンション

の順番で年表を見ることができます。

 

【ここからはネタバレ注意です】

 

スプラトゥーンは塗りあうゲームからスタートし、

キャラデザインが、豆腐→ウサギ→→スミを吐くイカだ!!

と変わっていった模様。

 

ウサギのデザインもなかなかかわいいですよね。

ただ、やはりスプラトゥーンはインクを泳ぐというアクションが素晴らしいので、現在のイカというキャラデザインに着地したのは素晴らしいと思います。

 

頭身が高いイカちゃん。

これはこれでミステリアスで大人っぽくていい感じですね。

 

一番すごいと思うのがこのイカ状態のデザイン。

実在のイカと似せつつも、デフォルメでキャッチーな見た目に仕上げています。

ほんと凄い。

 

シオカラーズの別デザイン。

これめっちゃ可愛い!

次のハイカライブはこのモデルででないかなぁ・・・。 

 

 別アイドルのデザイン。

次回作でライバルとして出てきませんかね。

 

スプラトゥーン1のフェスの歴代のイラスト。

僕が参加したのは、アリ×キリギリスだったと思います。

もうほぼ三年遊んでいるんですね、青春を思い出して泣きそうです・・・(ノД`)・゜・。 

 

スプラトゥーン2の年表では、2でどう変化を持たせるか、進化をさせるかと考え抜いた苦労が伝わってきます。

 

絵柄が違うのでサーモンランのシャケたちは、イカとは違う人がデザインしたっぽいですね。

 

ちょっと不敵な笑みのテンタクルズ。

最初のPVで見たときからデザインは「好きっ!」となっていましたが、それ以上にゲーム内で仲良くしてる二人をみて好きになっていきました。

 

色んな表情のタコちゃんかわいいですね。

まさかDLCで来ると思わなくて、ニンダイで大興奮したのを覚えています。

 

その時の記事はこちら↓

www.u-ta-life.com

 

 

ゲームには登場しませんが、ぜひ見てみたかった素敵なイラストも。

 

開発こぼれ話

ロブは「ジャッジ君のエサになった」との設定になる可能性もあったかもとのこと(笑) 

 

フォトスポット

こんな感じで撮れます。

それにしてもこの男ノリノリである。

 

おえかきコーナー

色んな有名絵師さんの絵もちらほらとあります。

 

その他

喉から手が出るほど欲しいプロコン・・・。

 

そのほか、楽譜やスケッチのamiiboの展示がありました。

 

戦利品(グッズ、物販)

入場特典 うちわ&ポスター

 

ジャッジ君クッション 約3000円

このクッションは全然並ばず買えました。

かわいいし、もっちもっちで気持ちいいです。おススメ。

 

その他物販についてはこちらをご覧ください↓

タワーレコード渋谷店

 

まとめ

今回の展示の涙腺崩壊ポイント。

一番最初の展示なのですが、スプラトゥーンの生みの親ともいえる野上さんの親心が沢山詰まった文章になっています。

 

これを見たときに、

「3年ってすごい経った気がしていたけれど、まだ3歳児なんだ。これからまだ成長するんだ」

と思ったら心が熱くなるのを感じました。

 

スプラトゥーン3はいつ出るのかわかりませんが、これからも楽しみですね。

 

ひとまずは、年内のアプデとスマブラへの期待を糧に生きていきます。

 

それではまた。