電脳ライフ

仮想通貨、ゲーム、ガジェットの情報をお届け

初めてミラーレス一眼レフカメラを買ってみた感想。スマホとの違いとは?

カメラ スマホ
どうも、うーたです。

 

先日、僕はミラーレス一眼レフカメラの「E-PL8」を買い、一眼レフカメラデビューをしました!

その購入時に一番迷ったのは、スマホのカメラと差別化ができるかという事です。

僕がもっているMI6というスマホはデュアルレンズカメラなので、そこそこカメラとして優秀だったのもずっと悩んでいた原因です。

 

また、一眼レフカメラは価格も結構高く、5万円~何十万円はします。

 

そのうえで、どの部分を差別化として購入し、実際に使ってみた感想はどうだったのかを書いていこうと思います。

 

 

スマホとの違いがある点

①画質

カメラ サイズ

出典:価格.com

スマホとミラーレス一眼カメラでの、多くの人にとっての一番大きな違いはここです。

一般的に一眼レフカメラはセンサーサイズが大きいですが、大きければ大きいほど写真を明るく画質が良く撮ることができます。

 

カメラ種類別に一般的なセンサーサイズは下の通りです。

赤    → スマートフォン
オレンジ → コンデジ
黄色、緑 → ミラーレス一眼レフ
水色   → 一眼レフ

 

注意としては、よく言う〇〇画素とカメラのセンサーサイズは別です。

僕のスマホのカメラは画素数が高いので、容量は大きいのに画質がイマイチだと思うこともあり、そこがスマホのカメラの不満な点でもありました。

また、夜景や室内ではあまりきれいに取れなかったので、そこを改善したいという気持ちもありました。

 

②ボケ味

カメラ ボケ

ボケ味も一眼レフカメラの良いところです。

これもセンサーサイズが関係しているのですが、自然にボケを作って、良い雰囲気の写真を撮ることが出来ます。

このボケ味が効いた良い雰囲気の写真というものに、僕は強い憧れがありました。

そして、ちょっとした日常風景を印象的に残したいと思っていました。

最近のデュアルレンズカメラのスマホはかなりボケを作れるようになってきましたが、まだ一眼レフの自然さには敵いません。

 

③ズーム

カメラ ズーム

ズームは一番差のつくところです。

スマホカメラはカメラの本体に着けられるサイズの都合上、何枚もレンズを重ねたズームレンズを作るのが難しいので、ズームレンズをつけた一眼カメラには絶対にかないません。

沢山ズームができると遠くのものを撮れるだけでなく、遠くにあるものを近くで見ているかのように撮ることができます。

僕はディズニーのショーを見るのが好きなので、ズームしてキャラクターやダンサーを撮りたいと思っていました。

 

④レンズ交換ができる

カメラ、レンズ交換

レンズ交換ができるのも魅力の一つです。

 

レンズを交換すれば、

・単焦点レンズでボケ味が強く明るい写真を撮る

・マクロレンズで小物や植物に接近して撮る

・広角レンズで建物の全体を映して撮る

等ができます。

 

僕の場合はダブルレンズキットを購入したので、通常の距離でとる汎用レンズと、そこそこのズームができるズームレンズの2つを使い分けをしています。

ただし、レンズも安いものではないので、費用的にはかなりかさんでくることは、デメリットの一つかもしれませんね。

 

⑤おしゃれ

f:id:u-ta-kasou:20180811104228j:plain

女子にとっては大きなポイントだと思うのですが、ミラーレス一眼の一部のモデルはおしゃれでとてもかわいいです。

僕が購入した「Olympus PEN」シリーズ等は、クラシカルでかわいく、一つのファッションアイテムとして持ってもいいくらいです。

僕も一目ぼれで衝動的にこのカメラを買いました。

デザインのいいカメラは持ってて、お出かけが楽しくなってくるのでいいですね。

 

 

実際に初めて使った感想

使ってみた感想としてはいいです!!

上に色んな違いを書きましたが、それは購入前に感じていた違いです。

 

ですが購入後の一番の違いは、撮影に対しての心構えが変わることです。

・一枚を撮ることに真剣になる。
・写真を撮るために散歩してみたくなる。
・普段は見過ごす何気ない素敵な風景に気付くようになる。

 

こういう風に良い意味で刺激を受け、心構えが変わります。

結果として買って良かったなと思っています。

 

その他、やはり一番体感したのはズーム、その次に自然なボケ味です。

実際に撮った写真を貼っておきますね。

 

 

以上が、初めてミラーレス一眼レフカメラを買ってみた感想とスマホとの違いでした。

購入を検討されている方は、今挙げたような点に一つでも共感をできるのなら買う価値があるのではないでしょうか。

 

それではまた。