電脳ライフ

仮想通貨、ゲーム、ガジェットの情報をお届け

管理人「うーた」ってどんな人?

f:id:u-ta-kasou:20180903213614j:plain

どうも、うーたです。

 
この記事では僕の経歴について書いていこうと思います。
 
僕は現在サラリーマンをしていて、週2日くらいブログを投稿しています。
現在このブログは大体1万PV/月くらい。
 
収益はまだ一万円/月に達していないので、まずはそこを目標にして頑張っています。
僕は優秀な人間でもなんでもありませんが、経歴の特殊さには少し自信があります。
 
何ならテレビ番組「波乱万丈」に出れるんじゃないか?とすら思ったことがあります。
ドキュメンタリーを楽しむように、良ければちょっと見ていってくださいね。
 

【生誕】香川選手似のクォーター

1992年 誕生します。

誕生の年はバブル崩壊の年で、生まれたときから不景気な世代です。

いわゆる「ゆとり世代」や「さとり世代」にあたりますね。

 

そして実は僕はクォーターです。

ハーフ

画像は西洋系のハーフのイメージなので大分詐欺

ただしアジア系のクォーターなので何の面白みもありません。

どうせならヨーロッパ系のクォーターで学生時代キャーキャー言われたかった…。

 

ちなみに芸能人だとサッカーの香川選手に似ているとよく言われます。

この前のワールドカップでは勝手に鼻が高い気分でした。

 

【高校時代】音ゲーとエロゲーに青春を捧げた

f:id:u-ta-kasou:20180902221711p:plain

とてもやんちゃで落ち着きのない幼少時代を過ごし、時代は一気に高校時代へ飛びます。

僕はいわゆるオタクの部類にあたる人間ですが、そのきっかけとなった作品が「涼宮ハルヒの憂鬱」です。

涼宮ハルヒの憂鬱

ここからしばらくアニメ三昧の日々を送ります。

 

そして、さらにエロゲの沼に陥れた存在が「リトルバスターズ」。

f:id:u-ta-kasou:20180902222017j:plain

「リトルバスターズ最高!!」

「筋肉いぇいいぇーい!」

 

そのあとは、月姫をやり、FATEをやりクロチャをやりと、どんどんエロゲばかりやるようになりました。

当時、彼女がいない僕がイキって言っていた言葉はいまだに忘れません

 

「いやー、俺二次元の中では80人くらいと経験あるから(どやぁ」

 

殺してくれ・・・

 

あと、さり気なくテニス部に入ったりしていましたが、大した功績もなく引退したので割愛します。

 

また、中3くらいのころから5年ほど音ゲーをやっていました。

メインでやっていたのは弐寺(ビートマニア)で、始めたのはTROOPERSの頃。

本当に楽しかったのを覚えています。

f:id:u-ta-kasou:20180902222107j:plain

音ゲーの良いところは自分の知らない曲のジャンルをたくさん知れるところですね。

音ゲーから音楽の趣味が広がったので、僕にとっては良い経験だったなと思っています。 

 

【就職】遊園地の管理会社だと思って入社したらお寺だった

f:id:u-ta-kasou:20180901204335p:plain

僕は高卒で就職しましたが、その際のエピソードがちょっと特殊です。

高校3年の秋ごろ、求人票眺めていた時に気になる会社がありました。

職種欄に「テーマパーク管理」と書いてあった会社です。

 

お、すげー!遊園地とか管理出来そうじゃん!

 

と思い、純粋な僕はルンルン気分で面接の申し込みをしました。

そして、当日面接に行ってみたら、

 

なんと、お坊さんと面接することに・・・

 

f:id:u-ta-kasou:20180901204259p:plain

「え、なにこれ、俺これから死ぬの?成仏させられるの???」

 

当時お寺と神社の違いもわからなかった僕には衝撃な体験でした。

 

結論を言うと、僕が入った会社はお寺が経営母体をしているお墓の管理会社で、お寺の別拠点にテーマパークもあった、という事でした。

 

騙された…

(勘違いしただけで騙されてはいない)

 

ただ、やってみると感謝をされる良い仕事なので、やってみるものですね。

 

【趣味】イラスト、ブログ、DTM、器用貧乏な創作好き

高校の時からノートに落書きをしたりしていた趣味がそのまま続き、デジタルで絵を描くようになりました。

ちゃんとやるようになったのはつい最近ですね。

 

スプラトゥーンの絵をたくさん描きました。

f:id:u-ta-kasou:20180901204510j:plain

「うーた」のプロフィール [pixiv]

 

その後はDTMにはまり、一時期曲を作っていました。

www.youtube.com

コードとかもあまり知らなかったので完全に我流ですが、できたものを自分で聞くのは本当に嬉しいです。

 

【挫折】妹と生き別れになった

f:id:u-ta-kasou:20180902230304j:plain

少し暗い話になります。

自分の家庭に対する考え、人生観を大きく変えた出来事なのでお話しさせていただきます。

 

僕には父親違いの十五歳年下の妹がいます。

僕が高1のときに妹は生まれ、ある日母親が借金を重ねたことが原因で、妹の父(再婚なので自分にとっては義父)は不倫をし家庭は崩壊しました。

このとき、僕は高校三年、母親は二回目の離婚です。離婚後は妹と僕の二人共母側につき、一緒に暮らす事となります。

そこから、母と妹と僕は二年間同居しました。

 

その後はその時付き合っていた彼女と同居するために、妹や母とは別居をしました。

ですが、何かあったときに駆け付けられるように実家の近くで暮らしていました。

大体月に2~3回は当時小学生の妹を遊びに連れて出かけたりしていました。

 

そして今から二年前、母が罪を犯し、またも家庭が崩壊しました。

妹と一緒にいたときに罪を犯したので、警察に妹が保護され、その後は児童相談所に保護されました。

 

僕はこのとき、その時点で母の次に面倒を見ていた親族だったので、妹の人生をどうするかという判断を迫られることになります。

 

・罪を犯した母親のもとで暮らすのか

・自分が引き取るのか

・不倫した父の下で暮らすのか

・里親のもとで暮らすのか・・・

 

 

数カ月ずっと悩み続けました。

里親は周りの子達とのギャップが生まれすぎる、妹の父の家庭はもう不倫相手との間に子供がいる・・・。

なので、自分が引き取るか、母親のもとに戻せるように頑張りました。

ですが、母が精神をダメにしたり、その他色々な要因も重なり、結果としては妹の父の下で暮らすようになりました。

 

児童相談所で最後の面会の日、妹が泣きながら言葉を振り絞って言った、

「ばかぁっ!…」

という言葉がずっと忘れることが出来ません。

 

きっと自分が児童相談所に行く原因を作ったのが母で、それを止められなかったのが僕だと、子供ながらわかっていたのでしょう。

 

自分の人生の中で一番の挫折で、無力感を思い出す最低の思い出です。

 

結果として、妹の父の下に妹は引き取られたわけですが、罪を犯した母か、不倫した父か、

どちらで生活することが妹にとって良かったのかは、自分の中で今でも結論が出ません。

 

【最近】スプラトゥーンやってたら彼女ができた

f:id:u-ta-kasou:20180902230105j:plain

約3年前からスプラトゥーンばかりやっていたのですが、去年5月ごろにスプラトゥーン仲間の中から彼女ができました。

 

実は3年前には逆にスプラトゥーンが原因で前の彼女と別れたりもしています。

スプラトゥーンで恋愛の天国と地獄を味わったということですね。

 

あれ?スプラトゥーンってそういうゲームだっけ?

 

周りのTwitterのスプラトゥーン仲間を見ていると、結構そういうカップル見かけるので、ネット恋愛が普通になってきたんだなーと感じます。

 

【目標】電脳ライフで楽しくなる人と、幸せな家庭の数を増やしたい

f:id:u-ta-kasou:20180902230147p:plain

僕のブログを通した目標です。

もちろん売り上げやPV数の目標もあるのですが、ここはあえて社会的な面で申し上げます。

 

①電脳ライフで楽しくなる人を増やしたい

ここでいう電脳ライフとは、主にゲーム、ガジェット、漫画アニメ等のサブカルチャーを楽しむ生活の事を指します。

僕はそういったものに沢山救われてきました。

彼女と別れたときは、ごちうさを何故か全話視聴していましたし、家庭環境でつらいことがあったときは、ゲーム仲間と通話をすることによって気が楽になりました。

また、沢山の人間関係ができたという事もありました。

なので、このブログでたくさん楽しい情報を伝えていけたらいいなと思っています。

 

②幸せな家庭の数を増やしたい

僕は家庭環境で苦しんできた人間です。

また、悔いがあります。もっと妹のことを自分の目の届く範囲で幸せにしたかったという悔いです。

ですので、このブログの趣旨とは少しずれてくるのですが、幸せな家庭の数を少しでも増やしたいと思っています。

今も自分が伝えられる情報は発信しますし、自分が家庭を持ったら結婚や育児のこともブログに書きたいと思っています。

 

自分の経歴紹介と目標の表明はこんなところで終わります。

 

長文を最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

それではまた。