電脳ライフ

仮想通貨、ゲーム、ガジェットの情報をお届け

【ルーター】買い替えで回線速度が3倍!?高コスパの TP-Link「AC1200」レビュー!

どうも、うーたです。

 

あなたはインターネットの速度に満足していますか?

 

僕は先日から、Buffalo製ルーターの調子が悪く、1日に何回もネットが切断されてしまう不具合があったり、有線接続が無線に比べて遅かったりと困っていました。

なので、Amazonで良さそうな製品を徹底的に探し、ルーターを買い換えました。

 

 

その商品は、TP-Linkの「AC1200」です。

 

買い換えた結果、回線も安定し、上り回線速度は3倍、PING値は1減少と大満足の結果だったので紹介していきたいと思います。

 

 

「AC1200」のスペック

ブランド TP-LINK
商品重量 780 g
梱包サイズ 32.8 x 23.9 x 7.4 cm
メーカー型番 AC1200
利用推奨環境 5人*/4LDK/3階建
ワイヤレスタイプ 802.11.ac 5G対応

 

「AC1200」の開封

このルーターはTP-Linkという中国の会社が作っていますが、箱や説明書も日本語がしっかりしていて感心します。

ちなみにTP-Linkは無線LANルーター市場で約4割のシェアを持っているようです

 

本体上部です。

アンテナは上に向かって3本伸びていて、向かって奥側と左右に動かすことが出来ます。

 

本体側面。

接続端子やボタンは、すべてここに並んでいます。

・電源接続
・電源ボタン
・リセットボタン
・USB端子(NAS HDDなどに接続)
・インターネットポート
・イーサネットポート×4
・WPS/Wi-Fiボタン
 ※左から順番

 

標準的なものが大体そろっているかと思いますが、特筆すべきは全てのポートがギガビット対応されている点です。

これのおかげで有線でも、理論値1Gmbpsの高速通信することができます。

 

付属品
・設定ガイド
・保証書(3年保証)
・電源アダプタ
・LANケーブル(1m)

保証が3年あるのは嬉しいですね。

LANケーブルは短めの1mのため注意です。

モデムに繋ぐ分には問題ないと思いますが、ゲーム機器やPCにつなぐ分は別で追加で購入したほうが良さそうです。

 

コチラのLANケーブルは僕も実際につかっていて、CAT6(1Gmbps)対応、フラットケーブルで扱いやすくオススメです↓

 

「AC1200」の回線速度テストと比較

 テスト環境
・部屋割 1K 20㎡
・ネット回線 auひかり
・ルーター「AC1200」

 

取り替える前と、「AC1200」に取り替えた後で比較します。

 

以前のルーター 

Buffalo「WHR-1166DHP2」

無線 スマホで「SPEEDTEST」で計測

 

有線 WindowsPCで「USENスピードテスト」で計測

f:id:u-ta-kasou:20180908204226p:plain

 

 

今のルーター

 TP-Linkの「AC1200」

無線 スマホで「SPEEDTEST」で計測

 

有線 WindowsPCで「USENスピードテスト」で計測

f:id:u-ta-kasou:20180908205448p:plain

 

 

測定結果
[無線]
下り 190Mbps → 198Mbps (微増)

上り 233Mbps → 619Mbps (約3倍)
Ping 5ミリ → 4ミリ (1ミリ減少)
※Pingは減少した方が良い結果です。

[有線]
測定結果
78.9Mbps → 156.9Mbps (約2倍)

 

なんと、以前のルーターの回線速度を全ての項目で上回りました。

特に無線の上りの回線と、有線の速度が大幅に良くなっていますね。

回線の安定についても、9/8現在3日間使っていますが、まだ一回も切断などの不具合はありません。

 

買い換えた後の有線の回線速度でいい気になったため、他のテストでもやってみたら、なんと400Mbps出ました。

f:id:u-ta-kasou:20180908210833p:plain

 


ギガビットポート対応が、かなり良い効果を出しているように思えます。

 

約6千円で大幅にネット速度が改善されたので、大満足の結果となりました。

 

「AC1200」の良いところ

可動アンテナ、ギガビット対応で広範囲爆速

無線は可動アンテナのおかげか、速度が実際に速くなりました。

範囲については、僕の家はそんな広くないですが、広い家で使う場合は効果が大きそうですね。

有線も100mbps対応のポートからギガビット(1000mbps)対応になったため、実測の速度が約2倍になり快適になりました。

以前のBuffalo製品は約7千円で、「AC1200」は約6千円なので、これだけ高機能であればコスパが良いと言えると思います。

 

 3年保証

上でも述べましたが、3年保証は安心ですね。

他のAMAZONでの「buffalo」「エレコム」「I-O DATA」等の有名メーカーの保証を見たところ1年が多いので、優秀であると言えると思います。

 

パスワードが簡単

パスワードがPIN(数字入力のみ)のため簡単です。

友達や恋人が家に遊びに来た時などのパスワード入力も楽ですね。

8ケタなのでセキュリティ上も問題ないと思います。

 

「AC1200」悪いところ

横置きのためのスペースをとる。

今まで縦置きのルーターを使っていたので、横置きになり少しスペースをとるなぁというのは正直感じます。

広い接続範囲( 5人*/4LDK/3階建)とのトレードオフなので、僕はなんとか確保しました。

 

まとめ

・可動アンテナ、全ポートギガビット対応で約6千円と高コスパ
・買い替えで2~3倍の回線速度改善
・3年保証で安心
・横置きで少しスペースをとる

僕としては、買ってみて大満足の製品でした。

もちろん環境によって、差は出ると思いますが良くなる可能性があるので、ルーターの買い替えを検討してみてはいかがでしょうか?

 

また、回線速度をさらに早くしてみたい方は、コチラの記事もおすすめです。

【体験談】JCOMからauひかりに回線を変えたら、上り回線速度が100倍になった話。 - 電脳ライフ

 

それではまた。