電脳ライフ

仮想通貨、ゲーム、ガジェットの情報をお届け

【Made by Google 2018】Pixel3、Pixel Slate、GoogleHome Hub発表!所感まとめ

f:id:u-ta-kasou:20181010230847p:plain

どうも、うーた(@u_ta_kasou)です。

 

10月10日0時より、Googleのハードウェア新製品発表会、【Made by Google 2018】が開催されました。

僕の目当ての一番は、リークされていたGoogle謹製の初2in1タブレット「Pixel Slate」でした。

眠い目をこすりながら、翻訳もなしでYouTubeのライブにかぶりついてすべて見終えましたので、その所感を書いていこうと思います。

 

GoogleHome Hubについて

f:id:u-ta-kasou:20181010203859p:plain

画面付きのスマートスピーカーです。

149ドル。安いですね・・・。

概要としては、Androidアプリ等を自由に入れることはできませんが、Androidタブレットの機能はおおむねついているイメージです。

ただ、基本は音声で操作するのが主となるため、スマートホーム、フォトフレーム、動画視聴などがメインです。

 

競合製品は「Echo Show」になるわけですが、こちらは229ドルです。

 

価格に加えて、あることが関係して「Echo Show」は厳しい戦いになると考えています。

 

それは「YouTube」の存在です。

画面付きのスマートスピーカーの需要はかなり「YouTube」に依存していると思うのですが、「Echo Show」では視聴することができません。

この差はかなり大きいと感じています。

 

また、YouTube Premium 6か月分がついてきます。

日本ではまだサービス開始していないので関係ありませんが、国によっては大きなメリットとなるかもしれません。

ちなみに日本上陸は未定です。

 

Pixel Slateについて

f:id:u-ta-kasou:20181010205826p:plain

リーク通りの姿で発表されました。

Google謹製の初2in1タブレットでChromeOS搭載です。

ペン&キーボードが使えるので非常に便利に使えそうな端末ですね。

デザインもシックな黒でなかなかかっこいい。

キーボードの丸いキーが可愛いです。

 

Androidタブレットに見えますが、どちらかといえば同じくchrome OSが載ったChrome bookの仲間です。

 

デスクトップライクなOSなのでsurfaceが主な競合になると思います。

ですが、こちらもsurface と比べたときに優位性があるかというと微妙です・・・。

なんだかんだ、一番下のモデルでもすべて揃えたら10万円程になってしまうからです。

 

Chromebookが流行ったのは、コストパフォーマンスの高さとOSの軽さのためですが、価格が高いChromeOSの端末は、価格の割にできることが少ないので敬遠されると思います。

 

10万円出すなら、SurfaceGoにペンとキーボードをつけてセットで買ってもおつりがくる額なので、そちらを選ぶ方が多そうです。

 

なお、こちらも日本上陸は未定です。

去年発売のPixelbookも結局日本で正式に発売していないので、結構先の話かもしれませんね・・・。

楽しみにしていたのですが、価格設定と日本が仲間外れな事に残念。

 

Pixel3について

f:id:u-ta-kasou:20181010223852p:plain

やっとこさ日本正式発売の製品!!

ソフトバンク、ドコモでも発売予定とのことです。

正直なところPixel3はデザインやハードウェア面で目新しい点は何もありません。

その代わり、ソフトウェア開発会社であるGoogleが、本気でソフトやAIを磨き上げてきたという印象です。

・暗所、ズームの画像処理に強いAIカメラ
・カメラで撮ったものを検索をするGoogleLens
・迷惑電話撃退機能
・ARで遊べるPlayGround
・スタンド使用で、スマートスピーカー化ができる

 

また、個人的に一番魅力的な点は、Googleフォトが無制限に使用できる点です。

Androidユーザーにとって、Googleフォトは便利なサービスで、僕もいつもこのブログで活用しています。

 

また、おサイフケータイが使えるfelicaに対応です。

おサイフケータイは需要があるので、購入動機になるユーザーは多くいるでしょう。

 

ただ、価格が微妙なところで・・・。

一番安いモデルで95,000円です。

iPhoneXSよりは安く、iPhoneXRよりは高いという微妙なところ。

これなら、日本で「打倒iPhone」となるまでの魅力はないように思えます。

Androidユーザーが、最新OSをいつでも使える純正スマホとしてPixelを選ぶ可能性はあるけど、iOSユーザーを動かすまでの端末にはならなそうです。

 

まとめ

・GoogleHome Hubは価格が安く、YouTubeが見れる
・Pixel Slateはペン&キーボード搭載で魅力的だが、日本未発売で価格が高い
・Pixel3はAIカメラが優秀でFelica対応、日本発売で価格はそこそこ

以上のような所感でした。

発表の内容にはワクワクしたものの、今回のもので買うものはなさそうです。

PixelSlateについてはかなり興味はあるため、日本発売したら店頭で触ってみたいなーと思っています。

それではまた。