電脳ライフ

仮想通貨、ゲーム、ガジェットの情報をお届け

【iPad】iPad pro(11インチ) 新型が発表されたけど、高すぎて無印iPad(2018)が欲しくなっている話

どうも、うーた(@u_ta_kasou)です。

 

昨日、10/30 23時からアップルのイベントが行われました。

iPad pro(11インチ)の新型を楽しみにしていて、実際に発表されたし進化した点がたくさんだけど高すぎてどうしよう…となっている話です。

 

これだったら無印iPad(2018)で十分では?と思いましたのでそのことについて書いていきます。

 

 

新型iPad proの主な進化した点

ベゼルレス化

サイズはほぼiPad Pro10.5インチと同サイズのまま、ホームボタンを削りベゼルレス化、その結果11インチとなりました。

画面占有率があがりコンパクトなのにさらに大画面となりました。

 

USB type-c

結構大きいなと思うのがこちらの変更点。

macユーザーやAndroidユーザーはもうすでにUSB-Type-Cに慣れているし、そのほかの周辺機器もライトニングよりUSB-Type-Cのほうが充実しています。

余計なケーブルを一本減らすことができます。

 

Face ID

TouchIDの代わりにFace IDが導入されました。

縦向きでも横向きでも使用できるとのこと。

ただ、iPadユーザーは大体の方がカバーでスリープ解除するので、ボタンに触れる必要がなくなり利便性が高まりそうです。

 

Apple pencil2

ペンにマグネットが付き、本体に吸着、そのまま充電が行われるようになりました。

(これなんてsurface)

以前と比べると驚きのスマートさです。

また、ペン側面をダブルタップすると消しゴムツールや、ペンの切り替えも行えるようになりました。

 

iPad Pro(10.5)、iPad(2018)との比較

機種 ipad pro 11インチ ipad pro 10.5インチ ipad(2018)
購入先 apple store apple store
整備済製品
Amazon
容量 256GB 256GB 128GB
アクセサリ apple pencil2
keybord folio
apple pencil
smart keybord
apple pencil
費用(税込) ¥152,388 ¥110,592 ¥63,359
新型11インチ
との差額
¥0 -¥41,796 -¥89,029
メリット ベゼルレス
USBTYPEC
apple pencil2
カメラ
スピーカー
キーボード
promotion
カメラ
スピーカー
キーボード
promotion
安い
コンパクト
office無料
デメリット 高い
アクセサリが
まだ少ない
apple pencil2非対応 apple pencil2非対応
promotion非対応


上の表は「自分が買うとしたら」で考えたときの容量とアクセサリの組合わせです。

費用の差額と、自分が考えるメリット、デメリット、違いなどを表でまとめてみました。

容量は一番下だと自分の用途では少なすぎるので、全部一つずつ上げています。

なお、すべてWi-Fiモデルです。

 

比較してみた結果、無印iPadが容量が半分でキーボードがついていないとはいえ、iPad Pro11インチとは89,029円もの差額がついています。

もちろん用途によって最適なiPadが決まってくると思うのですが、あまりにも大きすぎる差かなと冷静になって思いました。

 

何に使用するのか

価格差が大きいと分かったうえで、機種を選んでいくには用途を明確に決めることが重要です。

自分が本当にiPadでやりたいことを考えると最適な機種がある程度見えてきます。

 

・メモ書き、気軽に描くイラスト、ネットブラウジング、ソシャゲ

無印iPad(2018)

 

・がっつりイラストを描く、映画や音楽鑑賞、外出先で文章をよく打つ

iPad Pro 10.5インチ

 

・がっつり写真加工や動画編集、外出先で文章をよく打つ、新しい物好き、ハイエンドゲーム

iPad pro 11インチ

 

といった感じで分かれてくると思います。

 

僕はもちろんブログを書いているので、文章はよく打つのですが、マウスが使えない環境でそんなに本格的に文章は書かないかなというのが本音です。

また、本業も通勤時間短いし、あまり出張とかないですしね。

イラストは描きますが、仕事にしているわけではないので無印iPad(2018)でも十分そうです。

 

一番の懸念点はApple pencilやLightning

f:id:u-ta-kasou:20181031215842p:plain

しかし、最新機種を買わないと困る点が一点あります。

互換性です。

まず、ApplePencil(旧型)は新型iPadでは使えないことが分かりました。

なので、買ったApplePencilは今後iPadを買い換えたときに使えなくなってしまう可能性があります

 

また、Lightningコネクタは現状まだiPhoneで残っているからいいものの、今後はUSB-Type-Cに移行する可能性も捨てきれません。

安易に安いほうを選ぶというのも、少し注意したほうが良いでしょう。

 

結局僕はどれを買うのか

無印iPad(2018)を買おうと思っています。

実は僕は今までiPadを所有したことがありません。

なので、まず無印iPad(2018)を使用してみて、iPadが生活に馴染んだら、メルカリなどで売って乗り換えようと考えています。

 

ぜひ、これから初めて買ったり、Apple Pencil対応以前のiPadからの乗り換えを考えられている方は、新型iPad Pro以外のiPadも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

 

それではまた。

 

 

あとがき

すみません・・・。

ここまでこき下ろしたのですが、結局後日iPadPro買いました・・・↓

【iPad pro 2018】Androidユーザーが新iPad Proを初購入!1日使った感想とレビュー!

 

やはり、大きかったのはUSB-Cの対応です。

また、やはりほとんどのかたにはiPadをおすすめするという気持ちは変わっていません。

ただ、僕の場合は絵を描くという事と、文章を書くという事と、新しいもの好きだったというだけです。

 

今度こそ、それではまた。