電脳ライフ

仮想通貨、ゲーム、ガジェットの情報をお届け

【iPad pro】iPadでブログを書くことはできるのか徹底検証してみた【はてなブログ】

f:id:u-ta-kasou:20181111222830j:image

 

どうも、うーたです。

 

皆さん、ブログをiPadで書いてみたくありませんか?

 

僕は普段Windows PCを使用し、はてなブログのブラウザ版でブログを書いています。

はたして、iPadでもブログを同じように書けるのか、この記事では検証していきます。

ちなみに、この記事はiPadのみで書いていますので、その辺も含めて見ていただければと思います。

 

▼iPad Pro(2018)11インチのレビューはコチラ▼

【iPad pro 2018】Androidユーザーが新iPad Proを初購入!1日使った感想とレビュー!

 

 

 

ブログに必要な作業と比較表 

 

 

iPad Pro

PC(Windows)

リサーチ

テキスト

見出し

アイキャッチ

写真挿入

表作成

装飾

HTML編集

×

外での編集

×

 

僕がブログを書くときの作業と、端末ごとにできることの違いはざっくりとこんな感じです。

意外と健闘していることがこれだけでもわかりますね。

また、iPadにはその携帯性から、外出先でも編集ができるという大きなメリットがあります。

 

用意するもの

f:id:u-ta-kasou:20181112195010j:image

・iPad Pro本体(セルラーモデル)

・Smart Keyboard (Folio)

 

以上です!

 

とてもスマートですね。

WiFiモデルだと、外で便利に編集するためにはネット環境が必要です。

Wi-Fiスポットやスマートフォン等でテザリングをする必要があります。

もちろんネット環境は無くてもブログを書けますが、クラウドを使ったり、同期をしながら執筆できるメリットを考えたらネット環境はやっぱあった方が良いですね。

 

作業別の使い勝手

リサーチ

f:id:u-ta-kasou:20181112195310j:image

快適度:○

 

まず、関連キーワード取得ツールでキーワードを選定します。

http://www.related-keywords.com/

 

そのあとは、GoogleやYouTubeで情報収集し、その情報をもとに記事を書きます。

この辺のいわゆるインプットは、PCと遜色なくできますし、むしろどこでも気軽に見れることを考えたらiPadのほうが優れているとも言えるでしょう。

 

はてなブログでテキスト入力

f:id:u-ta-kasou:20181112195510p:image

快適度:○

 

肝心となるはてなブログでのテキスト入力は、アプリ、またはブラウザで書きます。

ちなみに、Androidスマートフォンのアプリは横表示対応をしていないのですが、iPadの方は対応しています。

できることはブラウザの方が多いですが、使いやすさはアプリ版のほうが上です。

 

アプリで9割方完成させて、ブラウザでしか出来ないことをブラウザでやるという流れが良さそうです。

ちなみにブラウザはChromeよりSafariの方が使いやすいです。

 

そして、iPad Pro純正キーボードの打ち心地は最高です。

前の世代も合わせると4つのモデルがありますが、どれも変わりなく打ちやすいです。

キーストロークは浅めなので好みはあるとおもいますが、僕は全然気にならないですし、むしろ打っていて気持ち良いです。

 

大事な操作の「範囲選択」は、「⬆︎」を押しながら十字キーで範囲を選択し、切り取りや貼り付けをすることが可能です。

f:id:u-ta-kasou:20181112201404j:image

 

細かいことを言えば、他のサイトから単語をコピペをしたりするときに、テキストのみ貼り付けのメニューがないことは少し残念です。

 

実は逆に優れた点もあって戻る、進むボタンがあります。

ちょっと操作を間違えてしまった時など便利ですね。

f:id:u-ta-kasou:20181112201704j:image

 

見出し

f:id:u-ta-kasou:20181112201835j:image

快適度:○

 

普通に行うことができます。

見出し編集はアプリ版のほうが快適です。

見出しボタンのタップ回数で大見出し、中見出し、小見出しと選択することができます。

 

アイキャッチの作成

f:id:u-ta-kasou:20181112012733j:image

快適度:◎

 

Pixelmator」というアプリを使用してみましたが、なかなかいい感じです。

600円かかりますが、使い勝手がいいのでオススメです。

 

 f:id:u-ta-kasou:20181111223008p:image

編集の画面はこんな感じで、フォントも色々選べますし、レイヤーも使えます。

中心線を表示してくれるのも親切ですね。

UIもわかりやすいので、使い方も割とすぐマスターできました。

 

写真挿入

f:id:u-ta-kasou:20181112201930j:image

快適度:○

 

iPad本体に入っているスクリーンショットや写真はアプリから挿入することができます。

ただし、アプリ版では僕がよく使うGoogleフォトからの挿入ができませんので、ブラウザから挿入します。

f:id:u-ta-kasou:20181112203316j:image

 

2つを合わせて使えば、写真の挿入は概ね事足りそうです。

 

表の作成 

f:id:u-ta-kasou:20181111133911p:plain

快適度:○

 

僕はスペック表や比較表を作るために、よく表を作成します。

ちなみに、上記の表はプリインストールされている「Numbers」で作ってみましたが、なかなかいい感じです。

貼り付けもスムーズ。

 

装飾

f:id:u-ta-kasou:20181112014911j:image

快適度:△

 

アプリ版だと下のメニューを左にスワイプすると大体装飾できます。

太字、色変更、テキストサイズ変更あたりは問題なくできますね。

僕がよく行う装飾だと、Chromeの拡張機能での背景グレーができないので、そこは少しマイナスです。

 

HTML編集

f:id:u-ta-kasou:20181112203525j:image

快適度:×

 

広告のリンクを貼ったりするのには、HTML編集を使います。

iPadではHTMLの編集が一番難しいです。

アプリ版ではそもそも全く編集できなくて、ブラウザ版では一応編集の画面は開けますが、挙動がおかしいので素直にPCで編集したほうが良さそうです。

他のアプリやWebサービスだったら編集できるかもしれませんが、書く場所が複数あっても手間なので僕は諦めてPCで編集しようと思います。

 

外出先での編集

快適度:◎

 

喫茶店やレストラン等の椅子とテーブルがある場所での執筆はバッチリです。

キーボードの音もかなり静かなので、図書館とかそういった場所でなければ音も気にする事なく、執筆できると思います。

 

しかし、角度の都合上、膝上での執筆はあまり向いていません

一応打てますが、快適にタイピングするためにはもう少しゆるい角度が欲しいところですね。

 

まとめ

・iPadでのブログ執筆は90パーセントくらいはできる

・インプット、画像編集はiPadが優れている面も

・外で執筆できる最大のメリットがある

・HTML編集と一部の装飾が苦手

・最後の仕上げはPCが無難

 

以上のように、iPadのみで完璧に記事を仕上げるのは難しいという結果になりました。

 

ただ、僕の感想としては思ったより使えるなという印象です。

以上のように完璧に快適に執筆できるわけではありませんが、外出先でも編集できるというのはそれを補って余りある最大のメリットだと思っています。

 

少しの空き時間でも活用できる、スタバでドヤ顔できる(意外と重要)、あえて外で書くことによって集中できる、等・・・。

iPadのおかげで確実の僕の生活習慣は変わり、モチベはかなり上がりました。

 

結論としては、メイン機として力不足だけど、パフォーマンスを高めるサブ機としては最高のマシンだと思いました。

 

あなたも、iPadでのブログライフをエンジョイしてみてはいかがでしょう?

 

それではまた。