電脳ライフ

仮想通貨、ゲーム、ガジェットの情報をお届け

【Xiaomi】Amazfit Stratos、Amazfit Bip、Mi Band3徹底比較

f:id:u-ta-kasou:20181118200700j:image

どうも、うーた(@u_ta_kasou)です。

 

今回は僕がもっているXiaomi製のスマートバンド、スマートウォッチ。

・Amazfit Stratos

・Amazfit Bip

・Mi Band 3

の3機種の徹底比較をしていこうと思います。

 

▼各機種のレビュー記事はコチラ▼ 
・「Amazfit stratos(pace2)」レビュー!常時点灯できるイカす円形スマートウォッチ!

・コスパ最強の電池二ヶ月持ちスマートウォッチ!『Amazfit Bip』レビュー

・【Xiaomi】mi band3レビュー!多機能で日本語完全対応、コスパ最強スマートバンド

 

スペック比較表

  Amazfit Stratos Amazfit Bip Mi Band 3
ディスプレイサイズ 1.34インチ
320x300
1.28インチ
(176×176)
0.78インチ
(128 x 80)
ディスプレイタイプ 半透過型カラーLCDタッチスクリーン 反射型カラー液晶 有機EL
重量 55g(本体)、70g(バンドを含む) 18g(本体)、32g(バンドを含む) 8.5g(本体)、20g(バンドを含む)
ストレージ
(音楽保存)
4GB なし なし
接続 Bluetooth 4.0 / BLE + WiFi Bluetooth 4.0 Bluetooth 4.2
バッテリー寿命 5~11日間 約45日間 約20日間
耐水性 5 ATM認定 IP68 IP67
心拍センサー 光学(PPG) 光学(PPG) 光学(PPG)
GPS GPS +グロナス GPS +グロナス なし

 

それぞれの特徴

Amazfit Stratos

f:id:u-ta-kasou:20181118212455j:plain

・ファンサイトからウォッチフェイスが選べるのが楽しい
・円形なのに常時点灯は最大のメリット
・円形ディスプレイとセラミックベゼルがcool
・唯一スマートウォッチ単体で音楽が聴ける
・厚さと電池持ちは気になるかも…

 

3つのスマートウォッチのなかで、一番ゴージャスなでデザインをしていて、フォーマルでもイケるデザインになっています。

ファンサイトにハイレベルなウォッチフェイスが揃っているところも良いところです。

また、ランニング、ウォーキング中にスマートウォッチ単体で音楽を聴くことができます。

 

一方電池持ちは、他機種のAndroidWearに比べれば電池持ちがマシなものの、三機種のなかでは一番劣っていて、僕の使用用途では5日間くらいしか持ちませんでした。

厚みについては、最近の他のスマートウォッチと比較したら厚めの部類になりますので、腕が細めな方は注意です。

本体、推奨アプリ共に英語なので、不安な方は避けたほうが良さそうです。

 

 

▼こんな方にオススメ▼

・フォーマルにもいけるスマートウォッチを探している方

・音楽を聴きながらランニングやウォーキングをよくする方

 

GEARBESTでチェックする

 

Amazonでチェックする

 

Amazfit Bip

f:id:u-ta-kasou:20181118213356j:plain

・一番薄い
・一番電池持ちが良く、一か月以上持つ
・ファンサイトからウォッチフェイスが選べるのが楽しい
・高機能なのに1万円を切るコストパフォーマンス
・デザインはイマイチに感じる方も

 

一番の特徴は驚異的な電池持ちです。

GPS接続を頻繁にするとかしなければ、電池が余裕で1ヶ月以上持ちます。

また、一番薄いため装着感を感じさせません。

常時点灯しており、本体が薄く、電池持ちが良いため、今まで腕時計を使っていた人もストレスなく使えます。

しかも、一万円を切る価格ながら基本的な機能は大体あります。

目立った弱点はありません。

しいて言えば、Apple Watchを模したデザインが、少し気になるくらいでしょうか。

 

▼こんな方にオススメ▼

・電池持ちの良いスマートウォッチを探している方

・薄い腕時計が好きな方

 

GEARBESTでチェック

 

Amazonでチェック

 

Mi Band3

f:id:u-ta-kasou:20181118213221j:plain

・一番安い
・一番軽量
・丸みをおびた先進的なデザイン
・日本語完全対応
・電池もちは二番目で二週間と安心
・常時点灯ができない
・意外と厚い

 

一番安く、軽量です。

スマートウォッチというよりもフィットネスバンドに位置する商品。

ブレスレットのような形をしているので 、運動時につけていても野暮ったさがありません。

この機種の最大のメリットは、約4千円ほどの価格で購入できる最高のコスパと、日本語完全対応です。

とりあえずスマートウォッチをお試しで使ってみたいという方には一番オススメできる機種です。

ディスプレイサイズも見た目の割には意外と大きいので、バッチリ通知も読めます。

 

しかし、時計としてみたときに一番の欠点となるのが常時点灯ができない点です。

使ってみないと意外とわからないデメリットですが、手首を傾けないと見れないことがストレスになります。

この機種が合うかどうかは、このデメリットを許容できるかどうかになってきます。

 

▼こんな方にオススメ▼

・スマートウォッチをとりあえず試してみたい方

・スポーツをよくする方

 

GEARBESTでチェックする

 

Amazonでチェックする

 

自分が一番おすすめするのはどれか

f:id:u-ta-kasou:20181118222001j:plain

Amazfit Bipです。

なぜならば、三機種とも買って、自分が現在Amazfit Bipを愛用しているからです。

上記でも触れましたが、便利な機能が一通り揃っていて、常時点灯ができ、薄くて電池持ちが良いです。

ですので、一番ストレスを感じることなく使用でき、自分の生活に馴染みました。

デザインについては、ウォッチフェイスとバンドを変えると結構おしゃれになったりしますので、デザインを許容できるのであれば、ぜひこちらの商品をオススメします。

 

まとめ

僕にとってはAmazfit Bipが一番馴染みましたが、人によって合う機種は変わってくると思います。

メリット、デメリットを自分の生活に当てはめていただくと、合う機種がつかめてくると思いますので、ぜひ検討してみてください。

 

それではまた。

 

▼Amazfit Stratos▼

GEARBESTでチェックする

Amazonでチェックする 

 

▼Amazfit Bip▼

GEARBESTでチェック

Amazonでチェック

 

▼Mi Band 3▼

GEARBESTでチェックする

Amazonでチェックする